大分県 温泉 日帰り 立ち寄り 九州地方
別府市 明礬温泉

更新月2019年3月 スポンサーリンク
 くるくる 遊々日帰り/立ち寄り温泉情報
 → 九州地方の日帰り温泉情報大分県の日帰り温泉情報

大分県 温泉 日帰り/別府市 明礬

ここでの情報は細心の注意もって収集しておりますが、情報が古い場合もあります。
日帰り湯、立寄り湯にお出かけの際は、 電話などで情報確認の上、お出かけください。
 2019年10月から消費税が10%へ上がりました。
当然その分が上乗せされている状況であります。
 また、温泉情報とは言いながら 銭湯、スーパー銭湯の情報もございます。
ご希望に合わない場合もあるかもしれません。
ご理解のうえ有効にお使いください。
【周辺地図】などの地図情報は現在、緯度・経度での検索にしておりますが
実情に合わない場合もあるかと思います
あくまでも参考ということでご利用下さい。m(o´・ω・`o)mペコリン
また、
適応症とは 一般的に症状の軽減に効果が認められるもの
禁忌症とは ご入浴により症状が悪化または悪影響の可能性があるものです。

名 称
 住 所 / 電 話 / 時間 / 料金

大分県 別府市 明礬 日帰り温泉&立ち寄り温泉


みょうばんおんせん かくじゅせん

明礬温泉 鶴寿泉

明礬温泉鶴寿泉
更新月2019年3月
住所:〒874ー0843 大分県別府市明礬3組
TEL:なし

日帰り入浴・立ち寄り入浴
営業時間 7:00~20:00
休館日:年末大掃除日(不定)
料金:無料(お賽銭)

泉質 酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)-硫酸塩泉
   (含鉄泉)
適応症 慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、
  五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
  くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、
  病後回復期、疲労回復、健康増進、月経障害

アクセス
 大分自動車道別府ICから明礬方面へ車で約10分
 JR別府駅から明礬方面へ車で約20分
 別府国際観光港から明礬方面へ車で約15分
 JR別府駅東口→「明礬」下車 約30分
駐車場 2台

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬3組
TEL:0977-66-0332

日帰り入浴・立ち寄り入浴 要確認
営業時間 8:00~20:00(平日のみ)
料金:原則立寄り不可 ?
お風呂 内湯:男女各1
宿泊:1泊2食付大人8000円~

明礬温泉
泉質:緑礬泉(強酸性)
効能:アトピー性皮膚炎・その他の皮膚疾患 美肌効果・疲労回復
PH: 1.7 泉温:67.5℃

アクセス
 JR日豊本線別府駅より亀の井バス利用、明礬温泉から徒歩3分
 大分自動車道別府ICより国道500号経由 約5分
駐車場  6台/無料

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬3組
TEL:0977-66-0322

日帰り入浴・立ち寄り入浴
時間 10:00 - 20:00 受付19:00まで
料金:500円/50分

明礬温泉
純源泉掛け流し
泉質:酸性-アルミニウム-硫酸塩泉
    旧称 酸性明礬泉
泉温:76.6℃(気温26.5℃時)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、
    運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
    くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、
    病後回復期、疲労回復、健康増進、
    動脈硬化症、きりきず、やけど、
    慢性皮膚病

アクセス
 別府インターより車で8分
 別府駅、別府港から500号線を通り約15分
 明礬停留所から徒歩2分。

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬4組
TEL:0977-66-0338

日帰り入浴・立ち寄り入浴
営業時間:10:00~23:00(受付は22:00まで)
   /貸切り 10:00~20:00(受付は19:00まで)
(休)不定休(貸切りは水曜日休)
料金:
  大人・・・1,200円
  大人(タオル付き)・・・1,500円
  中学生・・・500円
  小学生・・・300円
  タオルセット・・・300円

貸切り 営業時間:10:00~20:00(受付は19:00まで)
 1時間料金(平日)
  ジャグジー付き(2部屋)・・・2,300円
  ジャグジーなし(3部屋)・・・2,000円
 1時間料金(土日祝日)
  ジャグジー付き(2部屋)・・・2,500円
  ジャグジーなし(3部屋)・・・2,500円
 40分料金(平日のみ)
  ジャグジー付き(2部屋)・・・1,800円
  ジャグジーなし(3部屋)・・・1,500円

岩盤浴 営業時間:10:00~23:00(受付は22:00まで)
定休日:不定休(月に一度メンテナンスにより休み)
 時間制限なし・・・2,300円
 90分・・・1,700円
 18時以降のご利用・・・1,500円

宿泊:本館10,650円~ 離れ21,150円~

明礬温泉
泉 質 単純酸性硫黄泉/単純硫黄泉
源泉温度 64.5度/95度  P.H 2.8/6.5
効 能 皮膚病、リュウマチ、神経痛 等

アクセス
 別府インターチェンジから車で8分
 車で別府駅から車で25分
駐車場:有り20台

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬2組
TEL:0977-66-0537

日帰り入浴・立ち寄り入浴
営業時間:11:00~16:00
料金:500円
 お風呂 お部屋 休憩1時間 一人様につき1,000円

明礬温泉
源泉名:トビ温泉
源泉かけ流し、100%天然の温泉
泉質:単純酸性硫黄泉(硫化水素型)
泉温:70度C
効能 皮膚病・婦人病・糖尿病・高血圧・神経痛・関節痛など

アクセス
 別府インターチェンジから車で8分
 車で別府駅から車で25分

【大きい周辺地図】はこちら

スポンサーリンク

明礬温泉 旅館岡本屋

明礬温泉 岡本屋

 混雑時期は不可
更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬4組
TEL:0977-66-3228

日帰り入浴・立ち寄り入浴 要確認
土休日、繁忙期は外来不可
料金:大人800円 小人400円
宿泊 13,000円-

明礬温泉
泉質 単純酸性硫黄泉
適応 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、
   関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、
   痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、
   慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、
   糖尿病、高血圧症、動脈硬化症

アクセス
 別府ICより-やまなみハイウェイ-R500を北西で5分。
 別府駅、別府港から500号線を通り約15分
 明礬停留所から徒歩2分。

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬1組
TEL:0977-66-5881

日帰り入浴・立ち寄り入浴
業時間:13:00~20:00(19:00受付終了)
定休日/火曜定休(火曜が祝祭日の場合は営業。翌日がお休み)
料 金:大人500円/家族風呂1500円

明礬温泉
泉 質 単純泉
効 能 神経痛、関節痛、筋肉痛、うちみ 等

アクセス
 大分自動車道別府I.Cより車で8分
 駐車場:有り(12台)
明礬温泉内で一番高いところにある温泉。

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市明礬
TEL:0977-66-2221(代)

日帰り入浴・立ち寄り入浴
営業時間 : 午前9時~午後10時(月曜日のみ午後8時まで)
但し、屋内の泥湯、蒸し湯は午後7時30分まで
年中無休
料 金:大人1100円、小学生600円、幼児(2歳~)350円

泉 質 酸性明緑礬泉、硫黄泉
効 能 リュウマチ、糖尿病、アトピー、水虫、ヘルニア 等

アクセス
 別府駅西口より亀の井バスで立命館大平洋大学行、安心院行、サファリ行にて25分 紺屋地獄前にて下車
駐車場:有り200台

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市鍋山  秘湯
TEL:0977-21-1111
    (別府市温泉課)

日帰り入浴・立ち寄り入浴
料金:無料
入浴時間:24時間
   冬季はお湯が枯れている可能性有
石組み露天風呂
混浴

泉質:硫化水素泉

駐車場 あり?

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年3月
住所:大分県別府市鍋山  秘湯
TEL:0977-21-1111
      (別府市温泉課)

日帰り入浴・立ち寄り入浴
料金:無料
入浴時間:24時間
渓流に自噴する湯を引湯
脱衣所あり
混浴

泉質:硫化水素泉
無色

アクセス
 「鍋山の湯」への途中で左折し1.5km行った、山間の自然の中にある野湯。
 別府ICより-ゑびすや-山道で12km
駐車場 数台可

【大きい周辺地図】はこちら

明礬温泉 鍋山の湯

バリケードで封鎖
住所:大分県別府市鍋山  秘湯
TEL:0977-21-1111
      (別府市温泉課)

日帰り入浴・立ち寄り入浴
料金:無料
入浴時間:24時間
脱衣所なし
混浴

泉質:硫黄泉
無色 と 灰濁色(泥湯)

アクセス
 地獄谷といった鍋山東麓の山間にある秘湯
 別府ICより-ゑびすや-山道で12km
駐車場 5分ほど下った所に5台分位

【大きい周辺地図】はこちら

スポンサーリンク
更新月2019年3月
共同浴場 日帰り温泉施設
住所:大分県別府市明礬6組
TEL:0977-66-8166

日帰り入浴・立ち寄り入浴
時間 10:00~21:00(受付20:00まで)
料金:大人600円・小人(4歳~小学生)300円(税込)
家族湯 4棟 1時間 2,000円~1時間 2,500円

明礬温泉
源泉名 湯の里
泉質 単純酸性-硫黄泉
泉温 65℃
特徴 青白濁色・硫黄臭
浴用の適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
浴用の禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)、高齢者の皮膚乾燥症
アクセサリー・貴金属は変色するので、外す必要がある。

アクセス
 別府ICより 約6分
 九州横断自動車道 別府I.Cより 約6分
 JR別府駅より車で 約15分
 別府国際観光港より 約10分。
駐車場 80台(小型・大型バス駐車場あり)※無料

【大きい周辺地図】はこちら

明礬温泉 「地蔵泉」

休業中
住所:大分県別府市明礬2組
TEL:
料金:無料 寸志
【泉質】 単純酸性・硫黄温泉(硫黄泉)

大分自動車道別府ICから明礬方面へ車で約10分

明礬温泉 旅館みどり荘

更新月2019年3月
みどり荘温泉
住所:大分県別府市明礬7組
TEL:0977-66-2012

日帰り入浴・立ち寄り入浴
 7時~21時
料金:
 60分大人1名 500円(内湯)
 60分大人1名 700円(露天風呂)

明礬温泉 みどり荘温泉
単純硫化水素泉
泉温 68℃ 
湧出量 94L/min

アクセス
 大分自動車道別府ICから約5分。
 JR日豊本線別府駅から、立命館アジア太平洋大学行きバスで約30分、明礬温泉下車。
駐車場 有り

【大きい周辺地図】はこちら

引用 ウィキペディア

大分県別府市
, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A5%E5%BA%9C%E5%B8%82 (last visited Nov. 21, 2016).

別府市(べっぷし)は、大分県の東海岸の中央にある市。大分県第二の都市である。

隣接自治体 大分市、宇佐市、由布市、
      速見郡日出町

温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる国際観光温泉文化都市。源泉数は2,300ヶ所以上で日本の総源泉数の約10分の1を占め、湧出する湯量も日量125,000キロリットルにも及び日本最大。国際会議観光都市にも認定されており、毎年800万人を超える観光客が訪れる観光都市別府は泉都とも呼ばれている。温泉は観光や、市民生活だけでなく、古くは明礬の生産から、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業、最近では温泉泥美容までさまざまな産業に幅広く利用されている。
市の西部は大分百景の一つに選ばれている由布川峡谷(東山付近)、および阿蘇くじゅう国立公園の指定域があるため森が多い。

名所・旧跡・観光
  別府温泉
  浜脇温泉
  観海寺温泉(かんかいじおんせん)
  堀田温泉(ほりたおんせん)
  明礬温泉(みょうばんおんせん) - 国民保養温泉地
  鉄輪温泉(かんなわおんせん) - 国民保養温泉地
  柴石温泉(しばせきおんせん) - 国民保養温泉地
  亀川温泉
   別府市内には、おのおの泉質や雰囲気を異にした温泉が数百あるが、それらは歴史の異なる8箇所の温泉地を中心に分布しており、これらを総称して別府八湯と呼んでいる[9]。

別府地獄めぐり
  海地獄
  鬼石坊主地獄
  山地獄
  かまど地獄
  鬼山地獄
  白池地獄
  血の池地獄
  龍巻地獄
   海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は国の名勝。その他、地獄めぐりに含まれない地獄に坊主地獄や明礬地獄などがある。また、亀の井バスが創業と同時に運行を始めた「別府地獄めぐり」コースは、国内で最も長い歴史を持つ定期観光バスである。

別府八景
  高崎山(大分市)
  浜脇公園
  乙原・観海寺
  鶴見ヶ丘
  実相寺山
  柴石渓流
  由布院(由布市)
  日出海岸(日出町)

動物園・レジャー施設・保養施設
  九州自然動物公園アフリカンサファリ(大部分は宇佐市域)
  山地獄動物園
  城島高原パーク(旧「城島後楽園」)
  ラクテンチ
  スギノイパレス
  ヤングセンター(大衆演劇、鉄輪温泉いでゆ坂)

自然・公園
  鶴見岳
  志高湖
  神楽女湖
  由布川峡谷
  SPAビーチ(的ヶ浜海水浴場)
  海門寺公園

史跡・文化財
  鬼ノ岩屋古墳
  聴潮閣
  別府市指定文化財一覧

引用 ウィキペディア

大分県_別府温泉
, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A5%E5%BA%9C%E6%B8%A9%E6%B3%89 (last visited Nov. 21, 2016).

別府温泉(べっぷおんせん)は、大分県別府市(旧国豊後国速見郡)の市内各地に数百ある温泉の総称。別府八湯(べっぷはっとう)、別府温泉郷(べっぷおんせんごう)とも呼ばれる。温泉都市として知られる別府は、源泉数、湧出量ともに日本一
別府温泉はまた、広義の別府温泉(別府八湯)を構成する温泉のうちの別府市中心部にある温泉街の名称でもある

泉都とも呼ばれる別府市には、鶴見岳(標高1,375m)とその約4km北にある伽藍岳(別名硫黄山、標高1,045m)の2つの火山の東側に多数の温泉が湧き出ている。また、奇観を呈する自然湧出の源泉を観光名所化した別府地獄めぐりなど観光スポットも充実しており、別府市には毎年800万人を超える観光客が訪れる
豊かな温泉資源は観光や、市民生活だけでなく、古くは明礬の生産から、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業、最近では温泉泥美容まで、様々な産業に幅広く利用されている。

別府八湯
 別府市内には、おのおの泉質や雰囲気を異にした温泉が数百あるが、それらは歴史の異なる8箇所の温泉郷を中心に分布しており、これらを総称して別府八湯と呼んでいる
 毎年4月のはじめに別府八湯の豊かな温泉の恵みに感謝して別府八湯温泉まつりが開催されている。
 別府八湯の選び抜かれた温泉施設から88湯に入浴し、温泉道名人の認定を目指す別府八湯温泉道という体験型イベントがある。

別府温泉
 別府(べっぷ)温泉は、JR別府駅周辺に位置する温泉街
 単純泉、食塩泉、重曹泉、重炭酸土類泉など多数の温泉が湧き、各泉質に応じて効能がある。
 地元住民を対象とした町内会経営の共同温泉も多く、観光客も利用できる。
 夜になれば飲食店や別府タワーなど繁華街のネオンが煌く。

浜脇温泉
 浜脇(はまわき)温泉は、朝見川の河口一帯にある温泉街
 市営温泉「浜脇温泉・湯都ピア浜脇」がある他は、小さな共同温泉が多い。
 鎌倉時代には八幡朝見神社の門前町として栄え、大友氏が温泉奉行を置いて温泉を整備した。

観海寺温泉
 観海寺(かんかいじ)温泉は、朝見川上流の山の斜面の古い街道沿いにある温泉街
 別府湾の見晴らしがよい。単純泉、含重曹食塩泉で神経痛・リューマチに効能がある
 ボウリング場、劇場や大展望露天風呂などのレジャー施設が並ぶ。

堀田温泉
 堀田(ほりた)温泉は、観海寺温泉のさらに奥、由布院温泉へ向かう九州横断道路(やまなみハイウェイ)沿いにある源泉地帯
 江戸時代に開かれた静かな山の湯治場
 湯量が豊富で、別府市内の共同温泉などへの給湯もされている。
 泉質は、弱酸性低張性高温泉、硫黄泉

明礬温泉
 明礬(みょうばん)温泉は、別府市街から少し離れた伽藍岳中腹の標高400mの所にある地熱地帯
 江戸時代から明礬(湯の花)が採取されてきた山の温泉街。
 急傾斜の地熱地帯に別府石の石垣が築かれ湯の花小屋が建ち並び湯けむりの立ち込める明礬温泉の景観は、鉄輪温泉とともに別府の湯けむり・温泉地景観として国の重要文化的景観に選定されている
 泉質は、酸性硫化水素泉、緑ばん泉で神経痛・リューマチ・皮膚病に効能があり、市営温泉「鶴寿泉」がある。
 コロイド硫黄を含んで白濁した温泉が多いが、別府温泉保養ランドでは美肌効果の高い『ドロ湯』が味わえる。

鉄輪温泉
 鉄輪(かんなわ)温泉は、別府市街と明礬温泉との中間にあり、いまだに湯治の雰囲気を残す温泉街。
 貸間旅館が建ち並び随所から湯けむりの立ち上る鉄輪温泉の景観は、明礬温泉とともに別府の湯けむり・温泉地景観として国の重要文化的景観に選定されている
 湯治客は貸間旅館にある温泉の蒸気を利用した装置「地獄釜」で自炊しながら長逗留する。
 周辺に多様な地獄が存在することから分かるように、泉質も単純泉、食塩泉、炭酸鉄泉など多彩である。
 岩風呂・砂湯・瀧湯・露天風呂など、さまざまな温泉が楽しめる外湯のひょうたん温泉を代表に、大小多数の温泉施設や、食材の持ち込みも可能で手軽に地獄釜を利用できる地獄蒸し工房もある。
 周辺には海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄などの観光施設や、大衆演劇の芝居小屋ヤングセンターなどの娯楽施設も存在する。

柴石温泉
 柴石(しばせき)温泉は、血の池地獄や龍巻地獄の一帯にある由緒ある温泉で、895年に醍醐天皇、1044年に後冷泉天皇が入湯したといわれている
 柴石川に沿った谷間に市営温泉「柴石温泉」がある。泉質は、含鉄泉、硫酸塩泉など

亀川温泉
 亀川(かめがわ)温泉は、JR亀川駅すぐの海沿いにある温泉街
 泉質はナトリウム・塩化物泉
 亀川駅の近くには市営温泉「浜田温泉」
 上人ヶ浜(別府大学駅近く)に、市営温泉「別府海浜砂湯」がある。

アクセス
自動車
  福岡方面からは大分自動車道別府IC・県道52号利用。
  北九州方面からは東九州自動車道別府IC・県道52号または国道10号利用。
  熊本方面からはやまなみハイウェイ(県道11号)利用。
鉄道
  九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線別府駅、亀川駅、別府大学駅、東別府駅下車。

名 称
 住 所 / 電 話 / 時間 / 料金



【関連情報】
くるくる 遊々  無料工場見学  キャンプ  おいしい水場  あっちこっち  ギター大好きブログ



くるくる 遊々日帰り/立ち寄り温泉情報
 → 九州地方の日帰り温泉情報大分県の日帰り温泉情報