神奈川県 日帰り温泉 立ち寄り湯 関東地方
足柄下郡湯河原町

更新月2019年10月
スポンサーリンク
 くるくる 遊々日帰り/立ち寄り温泉情報
 → 関東地方の日帰り温泉情報神奈川県

神奈川県 温泉 日帰り 湯河原

ここでの情報は細心の注意もって収集しておりますが、情報が古い場合もあります。
日帰り湯、立寄り湯にお出かけの際は、 電話などで情報確認の上、お出かけください。
 2019年10月から消費税が10%へ上がりました。
当然その分が上乗せされている状況であります。
 また、温泉情報とは言いながら 銭湯、スーパー銭湯の情報もございます。
ご希望に合わない場合もあるかもしれません。
ご理解のうえ有効にお使いください。
【周辺地図】などの地図情報は現在、緯度・経度での検索にしておりますが
実情に合わない場合もあるかと思います
あくまでも参考ということでご利用下さい。m(o´・ω・`o)mペコリン
また、
適応症とは 一般的に症状の軽減に効果が認められるもの
禁忌症とは ご入浴により症状が悪化または悪影響の可能性があるものです。

名 称
 住 所 / 電 話 / 時間 / 料金

神奈川県 足柄下郡 湯河原町 周辺 日帰り温泉&立ち寄り温泉
 湯河原温泉



引用 ウィキペディア
神奈川県足柄下郡, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E6%9F%84%E4%B8%8B%E9%83%A1 (last visited Sept. 22, 2016).

足柄下郡(あしがらしもぐん)は、神奈川県西部にある郡。

以下の3町を含む。
  箱根町(はこねまち)
  真鶴町(まなづるまち)
  湯河原町(ゆがわらまち)

歴史
713年(和銅6年) - 律令時代、「好字二字の制」により足下郡と表記される

  箱根宿 - 小田原町・新町・新谷町は小田原藩領。三島町・芦川町は幕府領として代官・支配所(韮山代官所)が管轄。
  元箱根(町や村はつかない) - 寺社領(箱根権現社地)。
  芦之湯(同上) - 小田原藩領。
  ○宮城野村 - 小田原藩領。「旧高旧領取調帳」では足柄上郡と記載。

更新月2019年10月
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1191
電話:0465-62-2688

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:
  ・平日9:30~21:00(最終受付20:30)
  ・土日祝日9:30~22:00(最終受付21:30)
・料金:
  大人(中学生以上)1,350円 (レンタルタオル付き)
  子供(小学生)  650円
定休日:毎週木曜日(祝祭日の場合を除く)
  12月31日、1月1日
  ※8月は休まず営業
備品 リンスインシャンプー、ボディーソープ、ドライヤー完備
  タオル : 大人の方にはレンタルタオル付き
  バスタオル : 入場料とのセット料金あります

・温泉利用施設名称  日帰り温泉『ゆとろ嵯峨沢の湯』
・源泉名 湯河原温泉(源泉名 嵯峨沢の湯)第188号源泉
・泉質 アルカリ性単純温泉(旧泉質名 単純温泉)
・泉温(1)源泉 45.2℃ (2)浴槽 42.0℃
・源泉 pH 8.7  知覚試験 無色透明無臭
 各成分及び分量 電導度982μS/cm(20℃)
  蒸発残留物687mg/kg(110℃乾燥)
   日量43万リットル湧出
・効能:神経痛、筋肉痛、冷え症、疲労回復、関節のこわばり、
 慢性消化器病、美肌効果等、痔疾、五十肩、うちみ、くじき

アクセス
・湯河原駅 ←→ 真鶴駅間を町営コミュニティバス
・湯河原駅 ゆうゆうの里前 約7分 大人200 円
・真鶴駅  ゆうゆうの里前 約9分 大人200 円
・5名様以上でお越しの際は、「湯河原駅」「真鶴駅」
  または「当館周辺地区」まで無料で送迎
・駐車場: 60台完備 ( 無料 )

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1191
電話:0465-62-2688

【大きい周辺地図】はこちら

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上261
電話:0465-62-8111

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:12:00~15:00(要予約)
・料金:日帰りコース 12700円~
・湯河原温泉

・泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。Ph値8.5の弱アルカリ性
・効用:慢性婦人病、疲労回復、神経痛、筋肉痛、五十肩
  、関節のこわばり、うちみ、冷え症、慢性婦人病
  、動脈硬化症、健康増進など

アクセス
・JR東海道線 湯河原駅よりタクシー5分
・理想郷バス停までバスで8分・徒歩5分
・東名高速 厚木ICより50分
駐車場 有り 12台 無料

【大きい周辺地図】はこちら

湯河原温泉

ゆ処こでん

閉館
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上450-2
電話:0465-62-3837

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:午前7時30分~午後6時
 (最終入場午後5時30分)
・休館日:火曜日
・料金:大人1000円、小人500円
貸切風呂(ご利用料金40分1,000円)
個室休憩料金:1時間1,200円~
・大浴場(男女別2箇所ずつ・日替わり)

・湯河原温泉
・特質:弱アルカリ性の肌に優しい湯
・泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 アルカリ性低張性高温泉
・効能:筋肉痛 五十肩 神経痛 関節痛 慢性消化器病
   痔疾 運動麻痺 冷え性 きりきず 焼けど
   慢性皮膚炎 虚弱児童 慢性婦人病 動脈硬化症
   リュウマチ性疾患 疲労回復
・泉色:無色透明
・臭気:無臭
・源泉温度:60.9度

アクセス
・JR東海道本線湯河原駅からバスで約10分、「病院入口」下車すぐ。
・駐車場(130台・大型バス可)

スポンサーリンク
湯河原温泉

こごめの湯

こごめの湯

更新月2019年10月
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上562-6
電話:0465-63-6944

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:9:00~21:00
 定休日:月曜
・料金:大人1100円、小人600円、幼児無料
 夜間19:00-21:00 大人600円、小人400円

・湯河原温泉
・泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩泉
・泉温 68.3 PH8.4
・効能 リュウマチ性疾患、運動障害、創傷、慢性湿疹、
  更年期障害、痛風、高血圧症 他

アクセス
・湯河原駅より/タクシー(約8分)
・バス(約15分)奥湯河原不動滝行き乗車「公園入口下車」
・駐車場 有料駐車場(60分/100円)他に無料駐車場あり

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上562-6
電話:0465-63-6944

【大きい周辺地図】はこちら

湯河原温泉

ままねの湯

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上616
電話:0465-62-2206

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:9:00~17:00
・休:毎月10・20・30日
・料金:大人200円、小人100円、幼児50円
 入浴料休憩(8:00~17:00) 1200円
 入浴休憩半日(午前・午後) 600円
 男女別内風呂
 洗髪30円
 タオル200円
 セッケン100円)
宿泊 2食付5820円(税込み)

・湯河原温泉
 すべて掛け流し
・泉質は弱アルカリ性低張性高温泉
・源泉82度、
・PHは8.6
・効能:慢性皮膚病、創傷など

アクセス
・JR東海道本線湯河原駅からバスで約10分、「温泉場中央」バス停下車、徒歩3分。
駐車場 4台 狭い

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上616
電話:0465-62-2206

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年10月
温泉を利用した「足湯の泉」です。9つの温泉をたたえた泉がある
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上704
電話:0465-64-2326

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:10:00~18:00
  11月~2月は17:00 閉園
 定休日: 毎月末日
・料金:大人300円、小・中学生200円
・足マッサージ
 料金 1回 1,000円 (15分間)

・湯河原温泉
 脾骨(ひこつ)の泉 皮口(ひこう)の泉
 平静(へいせい)の泉 腸鼻(ちょうび)の泉
 思考(しこう)の泉 脈胃(みゃくい)の泉
 喜(よろこび)の泉 肝目(かんもく)の泉
 腎耳(じんじ)の泉

アクセス
・路線バス 2番のりばから「奥湯河原」または
 「不動滝」行きにて約10分、「落合橋」下車
・湯河原駅から独歩の湯まで 約3km

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上704
電話:0465-64-2326

【大きい周辺地図】はこちら

更新月2019年10月
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上750-1
電話:0465-62-7111

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:14:00~18:00 要電話確認
 定休日 不定休 GW休、
  8月11~15日休、12月28日~翌1月4日休
・料金:1000円
  タオル(買取)100円(税込)
  バスタオル(貸出)310円(税込)
 風呂 男女別内風呂 男女別露天風呂
 備品 石鹸・ボディシャンプー(無料)
   シャンプー(無料) ドライヤー(無料)
 宿泊 2食付14850円~

・湯河原温泉
 一部掛け流しまたは掛け流し・循環式併用
・泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物 硫酸塩泉
・泉温:源泉88.9℃
・一般的適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩
   ・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき
   ・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期
   ・疲労回復・健康増進
・泉質別適応症(浴用):きりきず・やけど・慢性皮膚病
   ・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症

アクセス
・JR東海道本線:湯河原(駅からバス15分)
・湯河原温泉の名勝「不動滝」に隣接する温泉宿
・東名高速道厚木より60分
駐車場 30台(無料)

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上750-1
電話:0465-62-7111

【大きい周辺地図】はこちら

スポンサーリンク
当館のラドン温泉は伊豆箱根唯一の施設でラドン温泉は天然温泉の30倍の温泉効果があるといわれています。
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町城堀207
電話:0465-63-0151

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:10:00~22:30 要電話確認
 定休日:
・料金:大人1580円、小人1050円
 入浴料(16:00~)大人1260円、小人1050円
 貸切風呂(45分)2100円

・ラドン温泉、天然温泉
・泉質 ナトリウム塩化物硫酸塩泉
・湯温 60℃
・効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・婦人病

アクセス
・JR:東海道線湯河原駅より徒歩2分
・新幹線:東海道新幹線熱海駅より車で10分
・東京方面より: 東名厚木インター経由小田原厚木道路石橋インターから20分
・名古屋方面より:東名沼津インター熱函道路経由60分
駐車場 普通車:20台(無料) バス:1台(1,500)

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町城堀207
電話:0465-63-0151

【大きい周辺地図】はこちら

湯河原温泉

旅館かねか

閉館
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町福浦174
電話:

日帰り 立ち寄り 入浴
 営業時間:11:00~14:00、18:00~20:00
 定休日:木曜
・料金:1050円
 風呂 男女別大浴場 貸切露天風呂2
 無料 備付品 タオル バスタオル シャンプー
 宿泊料金 11000円 1泊2食(サ込・税別)

・湯河原温泉
・温泉成分:ナトリウム、カルシウム、硫酸塩泉
 源泉 60℃
・効能
  ストレス解消/疲労回復/美肌、保湿効果/冷え性
  神経痛、痛風、リューマチ/肩こり、五十肩、腰痛
  関節炎/打ち身、捻挫/筋肉痛、運動麻痺/貧血
  動脈硬化、高血圧/切り傷/皮膚病一般(やけど
  皮膚炎、アトピー

アクセス
・JR真鶴駅下車湯河原方面へ800メートル
・東京ICから東名高速道で厚木ICへ。国道135号線、真鶴新道を経て、真鶴駅から約2分。135号線沿い右手
・東京駅からJR東海道本線で真鶴駅下車、徒歩10分。またはタクシーで2分
駐車場 無料

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町福浦174
電話:0465-63-3711
【大きい周辺地図】はこちら


引用 ウィキペディア
神奈川県足柄下郡湯河原町, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E7%94%BA (last visited Sept. 22, 2016).

湯河原町(ゆがわらまち)は、神奈川県南西部にある町。湯河原温泉で有名な温泉町としてよく知られている。東海道本線が通る。古くから文豪、画家など多くの作家が逗留し創作の筆を執った。

隣接自治体 小田原市、足柄下郡箱根町、真鶴町
      静岡県:熱海市、田方郡函南町

地理
湯河原町の中心部と、真鶴町の真鶴半島

箱根火山の外輪山南麓と相模灘に挟まれた低地に町の中心域がある。厳密に述べれば、第四紀の火山である湯河原火山が、著しく浸食されて形成された地形の多くを町域としている[1]。真鶴町と接する東北域には、緩やかな山麓部があり住宅地とミカン畑が混在して広がる。

鉄道路線
  東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線
    - 湯河原駅 -

路線バス
  箱根登山バス  伊豆箱根バス
  伊豆東海バス  湯河原町コミュニティバス

道路
一般国道
  国道135号

有料道路
  真鶴道路、湯河原パークウェイ、TOYO TIRES ターンパイク

温泉施設
  湯河原温泉
  万葉公園足湯施設独歩の湯、こごめの湯、ままねの湯、
  ゆとろ嵯峨沢の湯、湯河原ラドンセンター

名所
  城願寺、保善院、福泉寺、しとどの窟、不動滝、五所神社、天照山神社、椿寺
  土肥城址


引用 ウィキペディア
神奈川県足柄下郡真鶴町, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E9%B6%B4%E7%94%BA (last visited Sept. 22, 2016).

真鶴町(まなづるまち)は、神奈川県足柄下郡の町。神奈川県南西部の真鶴半島とその周辺にある町である。古くから上質の石材とされる小松石の産地である。町の名は、地図上の形がツルに似ていることから付けられた。
隣接自治体 小田原市、足柄下郡湯河原町

地理
  箱根火山の南東に位置し、相模湾の西を画す小さな真鶴半島と、その北の海岸部、後背の山地からなり、南東から北西に伸びた細長い形をしている。北の小田原市と南の湯河原町に挟まれる。
  真鶴半島は、切り立った海岸を持つ溶岩台地である。先端は真鶴岬で、岬の先の海上に三ツ石(三つ岩)を望む。県立真鶴半島自然公園に指定されている。

鉄道路線
  東日本旅客鉄道(JR東日本)
    東海道本線:真鶴駅


引用 ウィキペディア

神奈川県足柄下郡_湯河原温泉
, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E6%B8%A9%E6%B3%89 (last visited Sept. 22, 2016).

湯河原温泉(ゆがわらおんせん)は神奈川県足柄下郡湯河原町にある温泉。

奥湯河原温泉、湯河原温泉、浜湯河原温泉、伊豆湯河原温泉の総称としても用いる。

泉質
  単純泉・弱食塩泉・石膏泉など
    源泉温度30 - 88℃

湯河原温泉は数十万年前に活動を終えた湯河原火山の浸食カルデラ内に湧出している。

効能  皮膚病、筋肉痛、リューマチ、神経痛、冷え性など
※注 効能はその効果を万人に保証するものではない。

歴史
  役行者と穂積濃美麻呂一行による発見説、加賀の山伏による発見説、行基による発見説、弘法大師による発見説、タヌキによる発見説など、複数の開湯伝説がある。

  湯河原温泉は万葉集に 『足柄の土肥の河内に出ずる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに』 と詠まれており、この歌碑が温泉街に設置されている。

温泉街
  湯河原駅から千歳川の谷を遡るように温泉街が続いている。隣の熱海には巨大温泉ホテルが林立するが、湯河原は日本旅館主体であり、古式ゆかしい“温泉街”の風情が残っている。日帰り入浴施設は町営の「こごめの湯」の他、温水プールなどを備える施設もある。また温泉街に隣接する万葉公園には、大型の足湯である万葉公園足湯施設独歩の湯がある。

アクセス
鉄道 - JR東海道本線湯河原駅下車。温泉街の入口までは神奈川県道75号沿いに徒歩15分。しだいに坂は急になり、「温泉場」と呼ばれる中心街までは徒歩30分。駅前より奥湯河原行き、または不動滝行きバスで10分。タクシーでは5分。

道路 - 西湘バイパス石橋インターチェンジより国道135号湯河原高校前交差点で山側に折れ、神奈川県道75号に入る。または国道135号千歳橋交差点で山側に折れ、千歳川沿いの道を上る。箱根方面からは、湯河原峠より湯河原パークウェイを下る。

名 称
 住 所 / 電 話 / 時間 / 料金







くるくる 遊々日帰り/立ち寄り温泉情報
 → 関東地方の日帰り温泉情報神奈川県