昨年5月ごろ、レスポールのフレット交換をしたのですが

guitar

ネックをはずした状態です。
ネックをはずすときはギターは立てて、
ボルトを緩めボディに負荷がかからない
ようにしてはずします。

そのころからフェンダー・ジャパンの

ストラトキャスターのフレットも

かなり磨り減っていて交換しなければと

思っていたのでした。

ヤフーオークションでジャンボ・フレットを

取り寄せました。

ジャンボ・フレットは三晃製215です。

フェンダージャパンのフレットは

ミディアム・フレットなので、

ジャンボ・フレットへの交換大丈夫?

とは思っていました。

guitar

フレットの状態です。
フレットがかなり削れているのが
わかります。

フェンダーのフレットはギブソン系の

フレットに比べRがあるので、160R

で注文しました。

フレット型番215のクラウンのサイズは、

幅が2.9mm、高さが1.3mm

ジムダンロップの6110とほぼ同じサイズ

とのことです。

guitar
guitar

まず21フレットからはずしました。
guitar

ボディを外しました。

ボディを外す時は基本的に立てた状態で

外します。

guitar

ボディ内の配線

内部アースは台所用のアルミ箔

を張り込んでいます。

導電性の塗装を行う方法もあります。

guitar

アース線を張る。

ビスをねじ込んでアース線を

取り出します。

シールドジャック側とピックアップ

取り付け側を動通します。

guitar
guitar

指版がフラットかどうか?

指版がチャンとフラットになってるか

チェックします。

ロッドの曲がり調整と指版のフラット

を調整。

レスポールの指版調整ではフラットに

するのに結構ヤスリで削りました。

guitar
guitar

フレットの打ち込みは当て木をして

打ち込みます。

今回はフレット溝の切り直し

をしなかったので、若干深さが

足らなかったようで、

チョイ浮きました(笑´∀`)アハハ

まぁ、最終的にはうまくいきましたが

途中ではかなり不安でした。

guitar
guitar

打ち込んだフレットをカットします。

打ち込み後フレットをカットしますが

なるだけネックの側でカットしないと

その分やすりで削るので大変になります。

guitar

フレットを何本か打ち込んだ状態
guitar

マスキング

フレットを打ち込んだら

フレットエッジ処理、フレットのすり合わせ

のため、マスキングを行います。

guitar
guitar

フレットのすり合わせのためのチェック

フレットのすり合わせはフレットの高い箇所に

マジックインキなどでしるしを付け

そのしるしが付いている箇所を中心に

ゆっくりをヤスリがけします。

guitar
guitar

すり合わせは、真直ぐな角材に
紙やすりを巻きつけて
使いました。

すり合わせは水平な角材に紙やすりを

あてて行いました。

力をいれずにじっくりと行います。

フレットは簡単に削れるので

力をいれると変にけずれてしまいます。

guitar

11

途中までですが、とりあへず

上げておきます。

フレット交換自体は完了して

弾きまくっています。

わたしは、ジャンボフレットのほうが

あっているようです。

フレット交換も少なくてすむし( ̄ー ̄)ニヤリ

guitar

12

公開予定記事
  • 2020/08/16:
    ギター曲 No6232
  • 2020/08/16:
    ギター曲 No6231
  • 2020/08/16:
    ギター曲 No6230
  • 2020/08/15:
    ギター曲 No6229
  • 2020/08/15:
    ギター曲 No6228