リール編-今日もルアーフィッシング-

リール

     ルアーフィッシングにおいては、 ロッドの所でも書いたようにスピニングリールと、ベイトキャスティングリールがあります。
    それぞれ一長一短がありどちらとも言えないですが、ショアからのルアーフィッシングの場合 スピニングリールが一般的です。
     ただしバスフィッシングのばあいはベイトキャスティングリールがかなり使われています。

    スピニングリール

       構造上キャスティング時ほとんど抵抗無くラインが出ていくので遠投、または 軽いルアーを投げるのには適しています。
       そして、巻き上げスピードも速いので、青物などの高速リトリーブを行う場合は このスピニングリールしか考えられません。(あくまでもショアです)
       しかし、巻き上げの構造上の弱点もかなりあります。
       まずは巻き上げの力が弱いこと、つまり大型の魚相手では、巻こうと思ってもハンドルが 巻けない、ハンドルが折れることさえあります。
       ハンドルが回らない場合は、無理せずポンピングをすべきですが・・・

       私は対シイラ戦でハンドルが回らなくなったとき、ポンピングをすれば良かったのでしょうが 実際には、一生懸命巻こうはハンドルに力を入れてました。
       挙げ句の果てにシイラは1メートルほどハイジャンプして、フックがはずれ、シイラさん さようなら・・・となってしまいました。トホホ・・・
       そして、次にナイロンなどのラインを使用した場合に糸よれが発生する確率が非常に 高いです。
       この糸よれが問題で、これが起きたらどうしようもなくなります。
      これを取るというツールもあります、またシマノ、ダイワそれぞれ巻き上げ時に糸よれ防止の 機構を取り入れているようです。
       わたしは、遠投中心、というのもあるのですが、この糸よれに参って現在ではあまり糸よれを 気にしなくて良いPEラインに変えました。
       このPEラインの場合糸が柔らかいので、糸よれはほとんど気にしなくて良いです。
       ただし、別の問題が発生します。その辺はライン編で

       スピニングリールの選択基準は漁種にもよりますが通常  ラインの長さが150mから200m程巻けるキャパシティのあるリールを選びます。
      ただし、ディープジギングなど、釣り方にもよります。
       また、リールは軽い方が良いですが、ロッドとのバランスにより軽すぎて、バランスが 取れない場合、かえって疲れることになります。

       ドラグは非常に重要な項目で、このドラグがうまく行くかで魚がゲットできるか、 さようなぁ・・・となってしまうか決まります。
      つまり、ドラグ性能が良くないと本来ラインが切れる前で、滑り出すはずなのに、滑らなくて ラインが切れてしまう、つまりさようなら・・・です。
       しかし、わたしのつたない経験ですが、日本製の定価1万円クラスであれば、シーバスレベル では問題ないと思っています。
       ドラグの調整はリールにラインを巻いてロッドに設定した状態で、魚とファイトする状態 で行います。

      (ですが、実際にはわたしはラインを手で引っ張って、こんなもんでいいかなぁ、 てな調子であわせています。これで今のところ問題ないみたい、但しライトタックルで大物を しとめようと思ったら、ドラグはきちんと設定する必要があるでしょう。)
      基本は、使用するラインの3分の1つまり10lb(4.5kg)の場合はドラグは1.5kg に調整します。
      上記条件であれば、バネばかりが1.5kgになったときにドラグが滑り出すように設定します。
      ただし、この辺もいい加減で、魚の乗りが悪いとき、ドラグを緩めておいてフック時の 乗りを良くするということも行います。
       つまり最初の時点では、きちんとドラグ設定をやっている方が良いんですが、ある程度 経験をつんだら、自分流というのが一番良いと・・・
      かなり、いい加減ですが(汗

      ラインの巻き量ですが、基本的にスプールの9割程度で納めて置いた方が良いようです。
      あまりにいっぱい巻くと、キャスティング時団子になって一緒に飛んでいきます。
      わたし、貧乏性なので、ある分だけ巻こうとするのですが、それで泣いてしまうことが あるんですねぇ、しかも、釣れ始めたらこれが起きるんですよ・・・

      こんな時に重宝するのが替えスプールなんですねぇ・・・
      替えスプールをもっていれば、こんな時にとりあえずスプールだけ外して、すぐに 再挑戦できます。
       私はおもうんですが、おる程度のスピニングリールには、最初から替えスプールが 付いていて良いじゃないかと、別途購入すると結構高く付くんですよねぇ・・・

       リールのハンドルですが、どっちでも良いといえばどっちでも良いんですが、 私の場合、ハンドルを入れ替えて、左ハンドルでやっています。
      理由はロッドに力がいるので、右ロッドが良いかなと、また左ハンドルだと、 キャスト後ロッドを持ち帰る必要がないですね、つまり着水してすぐ喰った場合でも 対応できるという・・・まぁどっちでも良いんですけど・・・

    ベイトキャスティングリール

       あんまり使わないんで、コメントも少ないのですが、長所はスプールで直接巻けるので 巻き上げ力が強い、また構造上糸よれもすくない、糸の巻き込み量もスピニングに比べ 多いと、良いことだらけなのに、最後のキャスティングの項目で・・・
       ただし、キャスティングのコントロールはいいようです。
      一般にボートのディープジギングで使用しているようです。
      ジギングではベイトキャスティングリールが断然有利なようです。
      また、淡水のブラックバスではこのベイトキャスティングリールは絶対的に多いみたいです。
      ブラックバスの場合遠投性のよりキャストポイントの方が優先するんでしょうね。

    ドラグ設定

       ラインの切れる荷重は1ポンドは約453gです。つまり12ポンドのラインであれば 453x12=5436gつまり5.4Kgですが、メートル表記のためメーカーは6Kgと 言っているようです。
       つまり12ポンドのラインは6Kgで切れると言うことです。
       ということで、魚が掛かったときの急な負荷を考慮してナイロンの場合は1/3~1/4 で、つまり1.5~2Kg程度のドラグ設定にしたほうが一般的です。
       フロロカーボン、PE ラインの場合は伸びが少ないので1/4~1/5程度にドラグを 設定します。
       また、PEラインはラインシステムにより強度が90%~60%程度まで落ちるようです。
       そう考えると1/5程度にしたほうが良さそうです。


日帰り温泉 / キャンプ / おいしい水 / あっちこっち / 地元(九州北部) / ガソリン価格 / 遊びのページ


フィッシング




ルアー本 From Amazon



スーパーギタリスト

立ち寄り温泉情報

遊びのページ

今日もルアーフィッシング
タックル編
ロッド編
リール編
ライン編
ルアー編
フック編
アクション編
ラインシステム編
ウエアー他
回遊魚
釣行日記



釣り情報リンク
フィッシングワールド
つりnet
九州の釣り
毎釣新聞
九州釣り情報
長崎新聞 釣り情報
e‐boil
e‐angle
福間漁港

WEB潮見表
気象庁 潮位表


ルアーフィッシングがわかる本―湖・渓流・海、フィールド別攻略法を徹底解説!    Weekend Fishing
ルアーフィッシングがわかる本―湖・渓流・海、フィールド別攻略法を徹底解説! Weekend Fishing

はじめてのルアーフィッシング陸っぱり海ルアー入門 Cartop mook




ルアー本 From Amazon

 : 見てわかる!海のライトタックルルアー―ルアー初挑戦でもバッチリ釣れるDVDinMOOK (BIG1 122)
見てわかる!海のライトタックルルアー―ルアー初挑戦でもバッチリ釣れるDVDinMOOK (BIG1 122)

¥ 1,260

 : 見てわかる!シーバスフィッシング―ルアー初挑戦の人でもよくわかる入門DVD付き (BIG1シリーズ (102))
見てわかる!シーバスフィッシング―ルアー初挑戦の人でもよくわかる入門DVD付き (BIG1シリーズ (102))

¥ 1,260

 : Lure magazine salt (ルアーマガジン・ソルト)別冊 エギング王 Vol.8 2010年 11月号 [雑誌]
Lure magazine salt (ルアーマガジン・ソルト)別冊 エギング王 Vol.8 2010年 11月号 [雑誌]

¥ 1,600

 : シーバスフィッシングがわかる本―全フィールドと全適合ルアー徹底解説! (Weekend Fishing)
シーバスフィッシングがわかる本―全フィールドと全適合ルアー徹底解説! (Weekend Fishing)

¥ 1,400

 : Lure magazine (ルアーマガジン) 2010年 11月号 [雑誌]
Lure magazine (ルアーマガジン) 2010年 11月号 [雑誌]

¥ 750



 : Lure magazine salt (ルアーマガジン・ソルト) 2010年 11月号 [雑誌]
Lure magazine salt (ルアーマガジン・ソルト) 2010年 11月号 [雑誌]

¥ 900

 : 簡単・定番ノット事典―海のルアー釣りに必要なラインの結び方 (ソルトウォーター・ブックス)
簡単・定番ノット事典―海のルアー釣りに必要なラインの結び方 (ソルトウォーター・ブックス)

¥ 1,470

 : アジのルアーのすべてがわかる! 超攻略! アジングナビ
アジのルアーのすべてがわかる! 超攻略! アジングナビ

¥ 700

 : 基礎から始める 海のルアー釣り入門 (つり情報BOOKS)
基礎から始める 海のルアー釣り入門 (つり情報BOOKS)

¥ 1,050

 : 見てわかる!管理釣り場のルアーフィッシング (BIG1シリーズ (94))
見てわかる!管理釣り場のルアーフィッシング (BIG1シリーズ (94))

¥ 1,260